美肌をもたらす為の正しい化粧品の塗り方

化粧品を丁寧に肌に塗る事を意識する

 化粧品を自分の肌に塗る場合、雑な感じで塗るのではなくて、皮膚にできるだけ刺激を与えないように優しく全身に塗る意識を持つ事が基本です。乱雑に化粧品を扱ってしまうと、刺激が強くて皮膚が傷んでしまったり、乾燥肌や敏感肌になる可能性もあります。美容を意識して化粧品を扱うためには、時間を掛けても良いので、全身の肌に化粧品の潤い行き渡らせる事を意識して、ゆっくりと化粧品を肌に塗っていきます。塗っていない箇所がないかどうかも確認して、肌のケアに努めます。

お風呂から上がった場合の化粧品の塗り方

 お風呂に入っている場合、皮膚の角質が取れやすい状況になっていて、お風呂から上がった場合に肌が敏感になりやすい状況になっています。お風呂から上がった場合に角質がない分、外気などの物理的な刺激によって、皮膚にダメージを与えやすい状態になっています。お風呂から上がった時の美容対策として、できればお風呂から上がって10分以内に肌に化粧品を塗っておく事が望ましいです。お風呂上りは肌が敏感になっている事を考えて、いつもよりも優しく化粧品を肌に塗ります。

より効果的な化粧品の扱い方

 化粧品の扱い方を間違えると、塗っていない箇所が多かったり、皮膚などへの余計な刺激などで美容対策にならない場合も多いです。肌に良い化粧品の扱い方として、化粧品を手のひらに付けて、手のひらに化粧水やクリームを広げて行きます。化粧水などが付いている手のひらの部分で肌の部分にクリームなどを付けて、肌のケアをしていく美容対策としてより効果的です。化粧水など付いている手のひらで、体の各所に化粧水を付ける場合、手のひらで化粧水などを全身の皮膚を馴染ませるようにケアをする事を意識します。

コメントを残す