コストをかけずに美容に良い食習慣を身につける!

自分にあった基礎化粧品を探すにはコストがかかりますよね。

美容に関して、基礎化粧品などにお金をかけるのも良いと思いますが、予算の範囲内ではなかなか自分の肌に合った物に出会うのは難しいと思います。

こういった基礎化粧品などはある程度続けて使用してみないと自分に合っているかわかりませんし、試供品程度では効果がわかりませんから、試すにしても結構コストがかさんでしまいますよね。そこで私が実践している、基礎化粧品等に頼らない食習慣の改善による美容法を紹介したいと思います。

食生活の改善による美容効果

美容に効果のある食習慣は朝起きた時から始まっています。まず朝起きたら、朝食前に50ccほどの白湯をゆっくりと飲みます。これは体を中から温める効果がありますので、体を起こし新陳代謝の活性化を促します。

その後ヨーグルトにグラノーラをかけたものを食べます。これは腸内環境を整えるためと、グラノーラに多く含まれる食物繊維を炭水化物よりも先に腸に入れることによって、その後に入ってくるごはん等の炭水化物、すなわち糖の吸収を抑える効果を狙うのです。

健康的なお通じは女性のお肌にとっては最も重要なことですからね。それから糖の吸収を穏やかにすることは、肥満の予防にはとても重要なことなんです。

その後の朝食はできれば脂質の少ない和食で、焼き魚や卵焼き納豆等の新陳代謝を活発にさせるタンパク質、それにエネルギーの元になるお米(炭水化物)も程良く摂取する必要があります。

適度な炭水化物は健康的なお通じには欠かせない食物なので、ダイエットのために主食は取らない!ということはせずにしっかり撮っていただきたい栄養素なんです。

朝からこのような食生活を送っていれば、毎日気持ちの良いお通じを促すことになりますし、お肌にとってはとても良いことなんですね。

こんなことから、朝ごはんにはしっかりとバランスのとれた食事をとることはとても重要な事なんですね。

コメントを残す